たった1年以内で業界トップになった秘密をプレゼント!今だけ無料DVD「ベストセラー商品を簡単に作る方法」
大切な資産を無駄にしていることに気付いてますか?【税理士が教える120%安心・合法的な節税対策77の秘策】
【早く気付かないと危険】
無料DVDが明かす・・・プラス思考の間違い35000人が体験した自分の夢がドンドン実現する「自然に成功する方法」あなたが何故、
成功できないのか?実はその理由はあなた自身にあったのです。その答えがここにある「あの人は何故、いつも成功しているのだろう」

凡人が成功者に生まれ変わる【成功のルールと成功の条件】

神田昌典の成功法則 5年間で2万社が実践した【神田昌典のビジネス成功法則】
ジョントベンチャー 「ジョイントベンチャーの破壊力とその真髄に迫る」
マーケティング 8400億円を売り上げたマーケティングの秘密を活かす方法


経営者の視点

経営者の視点:競争戦略5つの要因

こんにちは、読んでいただいて有難うございます。
今日は経営者が避けて通れない競争について紹介します。

経営者ならリーダーシップマネジメントマーケティングを考えていくうえで、競合他社との競争を避けることはできませんから競争戦略を持っていなければなりませんよね。

競争要因のうち最も大きいものが産業の収益性を決定すると言われます。
ですから、競争戦略を立案するにあたりこの点が最も重要になりますね。


■新規参入の脅威

新規参入者は、生産能力、意欲、経緯資源を持って参入します。新規参入者の脅威は、現在の参入障壁がどれぐらい高いかによって、もしくはライバル企業の反撃力によって決まります。

■サプライヤーの交渉力

サプライヤーは、納入する製品やサービスの値上げ、あるいはその質を落とすといった手段を通じて、産業内の企業に交渉力を発揮します。サプライヤーの交渉力が強い場合には、コスト上昇分を価格に転嫁できず収益力が下がります。

■顧客の交渉力

顧客は常に価格の引き下げ、品質・サービスの向上というニーズを持っています。このニーズへの対応によって収益力が下がります。

■代替製品・代替サービスの脅威

代替製品や代替サービスが登場すれば価格の上限が生じ、やはり収益力が下がります。自社製品の質を向上させるかマーケティングによって差別化をはからなければなりません。代替製品のコスト優位性は間違いなく収益性を圧迫します。

■産業内のポジション争い

既存の競合企業同士による競争はいうまでにありませんが、ライバル企業の数、製品の独自性が乏しい、製品コストの増加、生産能力の増強、ライバル企業の競争戦略などが挙げられます。

自社の競争優位を保つためには、競争戦略として自社の能力を最大限に活かすポジショニングと各競争要因のバランスに対応した改善による戦略行動に沿った戦略を取らなければなりませんね。

そういった意味では数ある通販ビジネスのなかで大きな成果を上げている「やずやの西野博道さん」のお話は参考になるかもしれません。
たった3年半、社員4名で23億円を売り上げてしまう経営とマーケティング手法はちょっと気になります。



◆ブログ・ランキングに参加しました!カチッとご協力をお願いします◆

【人気blogランキング】Blogranking_banner_02.gif←宜しくお願いします。
【ビジネスブログランキング100選】ビジネスブログ100選←宜しくお願いします。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。